亜竜木でふと思った事

昨日亜竜木をじっくり観察していてふと思った事がありました。

img_3807

アローディア 亜竜木

何かと言えば、分岐についてです。

分岐させるには、強制的に成長点を止めて脇から新しい芽を発生させれば良いと思っていました。実際僕は高温期で芯を止め、3本とか新しい芽を発生させていたのですが切らずとも何らかの条件が揃えば脇芽が出ている事に気づいたのです。

 

img_3813

こんな株 左が主幹。主幹はもう少し上で切っています

右の枝が自然に発生した部分

 

芯を止めていなくても横枝が出ています。強制的に芯を止めた株は切り口の横と言うか少し下の場所から脇芽が発生します。たまに切らなくても横枝が出るのは知っていたけど深く考えもしなくて、とりあえず切りまくっていました笑

でも急にふと思ったんです笑

 

img_3809

これも左が主幹 同じくもう少し上で芯止め

 

img_3811

これは右が主幹 同じく主幹芯止め済み

 

img_3810

これは芯を止めて脇芽をだした株 脇芽の出る位置が違います

 

芯を止めて何本脇芽が出るかなんて操作できないし、運みたいな物だけど高温期で元気の良い株であれば2本3本出る確率は高いと個人的に思っています。

それに切らずして分岐している株の共通点も思う所があって、古株の太い枝で挿し木した株でこの分岐が起こっている事にも気づきました。

僕の一番の古株で一番大きな株もやはり分岐していました。という事はある程度成熟した株であれば分岐は起こると勝手に理解しました笑

マダガスカルに行った事ないけど、一本だけピョーンと伸びている姿はテレビでも観ないもん。だいたい立派な株は一杯枝出てたなぁ〜その枝と枝の間が小さなキツネザルの隠れ家ってやっていました笑

 

 

img_3804

今も葉を付けている古株の新しい枝

 

ちなみにフンベルやデュモーサはもちろん切れば枝が沢山出るけど、切らなくても分岐します。

 

img_3814

アローディア フンベルティー

 

若い枝で挿し木してちょっと育ててあげると株元の方から枝が出てきます。もちろん絶対ではないですょ!!

 

img_3816

アローディア デュモーサ

 

デュモーサも枝は勝手に出てきます。

う〜ん今日は何を言っているのか書いている僕もわかりませんので適当に流して下さい笑 言葉で表現するって難しいなぁ〜

 

 

 

関連記事

2件のコメント

  • 初めまして!
    ざっきーと申します。
    以前からあれこれ拝見しておりました。
    ユーフォルビアやアローディアについて
    色々勉強させていただいてます。
    ありがとうございますm(_ _)m

    こちらで拝見したアローディアの
    モンタグナッキーに一目惚れして
    あちこち探し回っております(笑)
    なかなかモンタグナッキー
    見つけられないです(笑)

    今年に温室を構えたところで
    あれこれやりたいことばかりなので
    また色々勉強させていただきますね。
    今後もよろしくお願い致しますm(_ _)m

    • bukubuku

      ざっきーさん初めまして。

      ありがとうございます。僕もモンタグが好きで育てているのですが、なかなか思う様な感じで育ってくれません。思っている程、棘が強くならなく来年の課題ばっかりです(笑)

      温室があれば栽培の幅が広がり、さらに楽しく植物と向き合えますね!僕も今ハウスにいて久しぶりの更新のネタ探しです(笑)
      あまり参考にしていただける様な事は書いていないですがこれからもよろしくお願いいたします^^

コメントを残す