アローディア アスケンデンスの接ぎ木

ちょっと前に行なっておいたアスケンデンスの接ぎ木も無事成功しました。

img_3405

Alluaudia ascendens

アローディアの接ぎ木って本当簡単。

切って台木の亜竜木に乗せておくだけ。あんまり神経質に行なわなくても大丈夫。しっかり固定するのがポイントかな。

img_3406

アスケンデンス亜竜木接ぎ

後は、穂木と台木の太さが同じ位の物を使う様にしています。成長も良く、トゲも強くなるから来年以降も順次行なう予定。最初は接ぎ木なんてって思っていたけどちょっと成長が良すぎて、ハマってしまいました(笑)

img_3409

これも接ぎ木のアスケンデンス

今までは先端の部分を穂木にして、それ以外は挿し木に使用していたけど、どんな部分でも出来るんだなと感じています。可愛い赤い新芽がちらほら出てきているから間違いなくこの部分も成功。ただ、行なった時期が遅いから、頭が出て来るのは来年です。

img_3404

かなり短い挿し木実験の亜竜木

こんなサイズで挿し木しなくてもいいんだけど、あったから実験中の亜竜木。これも多分成功しています。まだ根は確認出来ていないけど、触った感じしっかりしているので発根しているはず。幹にシワも出来ていないからまず大丈夫。

こうやって今年は色々アローディアの栽培をして思った事は丈夫の一言。大体どんな事をしても生き抜く力をもっています。でも、僕は冬は暖房を入れて管理しているから、耐寒性はあまり分からないけど、ある程度にも耐えるのかな?

来年はしっかり作り込んで栽培しよっと(笑)

関連記事

コメントを残す