ドルステニアの魅力

今日はドルステニア。

IMG_2977

ドルステニア フォエチダ細葉タイプ

僕はまだ小さな実生のドルスしかもっていないけど数だけはかなり育てています。

では僕が勝手に思うドルスの魅力について。

まず入手簡単。繁殖容易。姿形が色々。幹カッコいい。花の形おもしろい。種飛ばす。それであちこち勝手に生えてちょっと困る。でも育てる(笑)

 

IMG_2981

これは分岐多数の株

 

IMG_2978

ぼってりフォルム

 

IMG_2982

締まった良い株

 

IMG_2983

葉に微毛が生えているビロードタイプ 

 

IMG_2985

将来有望

 

IMG_2986

バランス良い株

 

IMG_2987

丸い奴

 

IMG_2988

黒い奴

 

IMG_2989植え替え待ち

 

IMG_2990

あちこちドルス

 

IMG_2992

ギガス

 

IMG_2993

ちょっとだけかっこ良くなってきたドルス

 

やっぱり画像で魅力は全く伝わらないですね。実際見ると結構カッコいい株たくさんいるんだけどなぁ〜。葉を全部切って写真に撮るといいのだけどさすがにそれは出来ないから残念です。

でも本当に育てやすいし僕は大好きな植物です!!種から育ててもある程度までは成長が早いです。因にギガスと幹がちょっとだけかっこ良い株以外は全部去年実生か今年実生の株です。

 

 

関連記事

4件のコメント

  • 初めまして、ジグザグの木の繁殖で検索したところたどり着きました。
    一昨年繁殖のため、カットして挿し木したのですが挿し木した方は上手く根付いてくれました。

    しかし、翌年カットされた方の親株はカットしていない枝はグングン伸びていますが、カットした枝は全く成長しません。(新芽が出ません)
    貴殿は沢山挿し木されているようですが、そんなことはありませんか。
    昨年夏には枝もかなり成長しましたが、怖くてカットできませんでした。
    よろしければ、ご教授お願いします。

    それはともかく、私もユウフォルビア、モナデニウム、塊根植物が大好きなので
    ブログ、楽しく拝見させていただきました。
    繁殖方法等、勉強になります。
    亜竜木の地植え、やってみよう(^^)
    お邪魔しました。

    • bukubuku

      初めまして。コメントありがとうございます。

      ジグザグなのですが僕の場合、去年充実した枝で挿し木した株なら今年の春から夏にかけ株元や棘の部分から新芽を出してきます。細いちょっと弱い枝で挿し木した場合は株元ではなく棘の部分から新芽が出てきます。挿し木するのであれば、充実した鉛筆位の太さの枝を使うと発根後の成長も良いです。

      親株からの新芽の発生はします!! 2〜3本新芽が出る事もあります!ただ出て来ないときもあります。僕は高温で挿し木、栽培管理しているのでそのへんも関係しているのかもしれませんね。
      でも発根されている様なので栽培が上手ですね!!!出来るだけ太陽にあててあげるとメタリックなシルバーでかっこ良くなりますよ!

      亜竜木の地植え良いですね!!僕も何回もしようと考えましたがまだ実行できていません。

      あまり上手くお伝え出来ないですが、少しでも参考になれば幸いです。

  • bukubuku 様

    こんばんは。
    ご教授頂き、ありがとうございました。
    実は、あっちもこっちも興味津々で見ていたのでどこの欄にコメントを書いたのか分からなくなってしまい、お礼遅れてしまいました。

    そうですか、私の持っているジグザグの木はまだ小さいのでもう少し充実させてから繁殖した方がよいかもしれませんね。
    夏にはすごい勢いで新しい枝が出てくるので楽しみです。

    モナデニウム・ルべラムは葉挿しできる、しかも塊根もできるとは目から鱗でした。
    季節的に早いかなと思いつつ、早く試してみたくて私の住む地域は暖かいので、最近葉を挿してみました、これも楽しみです。

    時々、勉強にお邪魔させてください。
    ありがとうございました

    • bukubuku

      うさこ様

      モナデニウム ルベラムの葉挿しに使う葉は、出来るだけ肉厚で大きな方が良いですよ!
      発根、塊根形成は容易なので暖かい地域なら成功すると思います!!枝が沢山あるのであれば、普通の挿し木の要領で行なった方が塊根が出来るのも早いです。
      沢山増えると良いですね。

コメントを残す