モナデニウム ルベラム挿し木のその後とか

今日は久しぶりにルベラムの様子です。

IMG_2968

Monadenium rubellum

挿し木したのが5月下旬でやっと塊根が出来ていました。

ちょっとどんな感じかなぁ〜って思い軽く用土をどかしてみると、小さな芋が出来ていました。

IMG_2967

挿し木株

やっぱり簡単。葉挿しでも芋は出来るし簡単。でも葉挿しの方はあまり加湿で管理すると腐る可能性もあります。病害虫はカイガラが特に付きやすく発見次第駆除します。

後はこのまま管理し、もう少し塊根部が成長したら植え直し塊根部を露出します。来年の春くらいかなその作業は。こんな感じで一株からどんどん増やす事も可能だし花も綺麗で、育てるのが楽しい植物です。

次は実生のサンゴ油桐の成長です。ちょっとだけ大人の雰囲気が出てきました。

IMG_2963

ちょっとずつ太くなっています

最近は朝、晩が涼しくなってきたので調子が良さそうです。この前までは毎日水くれ〜って感じでしたが最近はそこまで欲しがりません。

IMG_2966

もうちょっとで植え替えかな

葉も大人の葉らしく切れ込みが出てきて可愛くなってきました。

IMG_2965

親株も暑くて夏バテ気味でしたが今は花芽を伸ばしてきています。高温期に受粉さすより少し涼しい感じの方が受粉率が断然高い事を最近知りました。9月10月でまた種が少し確保出来そうです。でもサンゴ油桐は葉が大きく展開するので、小さいながら置き場所に困ります。でも実生はやめられないしなぁ〜(笑)

多肉植物の事は今日はこれまでで、前にタマムシが沢山集まる樹があるって書いたのですが、どうやらあれはエノキと言う樹木みたいです。

エノキの下に行くと今年もやっぱり沢山ありました。タマムシの死骸が!!綺麗だったので形の良いのを拾って少しだけ撮影。

IMG_2960

タマムシ

非常に綺麗で見る角度で色合いが変化します。

IMG_2961

まだ今も数は少なくなりましたがエノキの周りを飛んでる姿は確認出来ます。飛んでてもキラッとするしすぐ分かります。でもなんでこんな綺麗な姿なんだろ?生き物って不思議ですね。

関連記事

コメントを残す