アローディア デュモーサの成長

成長期に入りグングン凄い勢いで伸びてきたアローディア デュモーサです。

IMG_2128

Alluaudia dumosa

いい感じで伸びて来たので、そろそろ挿木でもしよっかなー。

アローディアは本当に高温期では良く伸びます。去年の挿木株でも新芽を出したり20cm以上伸びた物もいます。

最初の新芽は茶色っぽく、伸びるにつれシルバーの様な色になります。後、やっぱり太陽光にしっかり浴びる事で白っぽくなります。シルバー感では良く似た植物でデカリア マダガスカリエンシスなどがあります。

IMG_2134

Decaryia madagascariensis

マダガスカルのトゲの植物達はトゲが白いとか幹が白いのが多い様な気がします。亜竜木も幹の肌は白いし、アスケンデンスも同じやしカッコいいのが多いです。

IMG_2126

アローディア デュモーサ

今現在の栽培方法は、用土の表面が乾いてから4〜5日後に水を与えています。肥料は多めに与えています。新芽の部分はカイガラムシが特につきやすいです。根が張るので大きめの鉢に植えるのが理想ですが、去年の挿木などはまだ3寸鉢で管理しています。伸びてバランスが悪くなるので、その時は植え替えや挿木などで樹形をコントロールしています。

挿木は簡単ですので、また実際行なった際に書きます。ほぼこちらで書いた通り行ないます。

IMG_2133

去年の挿木に使った株

成長点を止める事によって枝数が増えます。たまに自ら成長点を枯死させ枝を2本とか出している株も見かけます。

IMG_2129

こんな感じの株

これなんかは正に自分で成長点を枯死させ新しく横枝を出しています。優秀な株で手間いらずです(笑)

僕のハウスの最大の株は鉢底から約150〜160cmありますが、さすがに最近では自立が困難になってきました。支柱をそろそろ立てるべきか悩んで、今は隣の植物の枝に引っ掛けて立たせています。

小さな内からクネクネしているのもあります。そんな株は挿木で姿をもどします。

IMG_2138

去年の6月に植え替えた挿木株です

挿木時は一本だけでしたが株元から新しい枝を元気に伸ばしています。結構地味な植物ですが僕は好きです。雰囲気が良いし、色もかっこ良くて好きだなー。

IMG_2140

Didierea madagascariensis

ディディエレア マダガスカリエンシスは成長こそゆっくりですが確実に大きくなっています。調子が良さそうにトゲや新芽を出しています。そろそろ6月やし色々トゲものの挿木の時期です。今年もできるだけ沢山増やすぞー!!置く場所あるかな(笑)

関連記事

コメントを残す