アデニウム アラビカムの植え替え

根が張り鉢が小さくなってきたアデニウム アラビカムの植え替えです。

IMG_2049

Adenium arabicum 2014年7月実生

今回はある程度の大きさの株だけ4.5寸の鉢に引っ越しです。

2年に一回位の感じで植え替えています。赤玉がどうしても潰れてくるので新鮮な用土に植えてあげる事で、また順調に大きくなるはずです。

IMG_2042

植え替え前の状態

植え替えの前はしっかり鉢の中の用土は乾かしてから行なっています。用土に水分が残っていると、鉢から抜く時や古い用土を落とす時に根が凄く切れやすいです。古い用土を綺麗に落とし、根のチェックを行います。全く問題無しのいい状態でした。

IMG_2052

抜き上げ後の姿

鉢から抜いて植え替えまでに、何日か干す方法もあるみたいですが、僕は行なっていません。直ぐ植え替えます。用土はいつも通りです。

IMG_2053

同じ環境、栽培方法でも成長に差がでます

このサイズまで育っているアデニウムは植え替え後、直ぐには水を与えていません。別に根も痛んでないし、多分あげても全然大丈夫なはずですが、2日後位に水をたっぷりあげ、後は様子を見ながら通常の栽培管理にしていきます。夏場などは多めの水やりでも腐る事はないですが、乾いてからあげてる方が安全です。

IMG_2054

植え替え終了 4.5寸の鉢に植え替えました

植物にとって植え替えなどは大手術みたいなものなので、いきなり太陽ガンガンの場所にだしてあげるのは可哀想なので、しばらくは少し遮光した場所で安静にしてもらいます。

あとこれからの時期はハダニ、スリップスなどの虫も沢山寄ってくるので、早め早めの防除が大切です。最近は洗剤を散布しています。皮膚呼吸ができなくなりやっつけれます。それで植物が痛んだ事もないし、大丈夫やとは思いますがあまり参考にしないでくださいね。あくまで僕個人の方法なので。

IMG_2056

鉢のサイズにもゆとりが出来いい感じに出来ました

ある程度根ついて、太陽光が当たる場所にいきなり出すと葉が焼ける事もありますが僕は出すときは一気にだします。それで葉が多少痛んでもまた直ぐ出てくるし何の問題もないと思っています。今までもそんな感じで出してきました。

ジャボチカバの小苗も締まった株にする為ちょっと前に出したら、おもっきり焼けました(笑)凄く汚くなりました。でも徐々になれればまた葉っぱも沢山出るし別に枯れる訳でもないので大丈夫です。

今年実生のオベスムも2年位したら大きな株はこんな感じに育ってくれるかなぁ〜凄く楽しみです。

関連記事

コメントを残す