アデニウムに種

アデニウムの花に小さな種が出来ていました。

IMG_1926

Adenium obesum 八重

花が咲いては細い筆でコチョコチョしていたので出来たのかな?

アデニウムの受粉は僕が行なうよりも、自然の虫が花の中に潜りこんでモゾモゾしている方が受粉する確率は、ずっと高いです。自分で狙って行なってもあんまり上手くいかなけどやっぱり自然の力は偉大です。

IMG_1925

アデニウム オベスム

種鞘がビュッと伸びてきて花と種の競演もなかなか面白い姿で僕は好きです。アデニウムは冬の管理さえ適切に行なうと、栽培はそこまで難しくなく、でもちょっと気難しいかな(笑)パキポよりは難しいです。冬場の温度管理と水やりで失敗する事があります。

IMG_1927

花 いつみても良いものです。

僕のハウスは冬場、温度管理を行なっているので、冬場に断水とかはしないですが、それでも水やりのタイミングは迷う事が多々あります。ちび苗とかより、ある程度大きくなった株の方が、寒さに弱い様な気もするし、どうなんだろ?鬼門は実生2年目かな。それを乗り越えたらある程度は丈夫。これは僕の個人の感想なので、全然当てにならないですょ!今迄の経験で言ってるだけなので!!

実生苗も発芽してすぐ大きくなる株、あまり大きくならない株などかなり個性があり、非常に元気だけど、なんやめっちゃ小さいやんって株も出てきます。ちなみに5月14日に種をまいたものが僕もびっくりしているのですが、既に早い株は種をもちあげてきています!!こんなに早いのは僕も初めてです。 でも2粒だけですが(笑)近い内に画像をアップします。これでなんとか発芽からの栽培記録を今後も書いて行けそうなので、少し安心です。パキポの方はいい感じで膨らみ種殻を割りそうな雰囲気のもの、全く変化なしの種、なんか発芽が見込めない感じなど色々です。もちろん全部が発芽するなんて期待していないですが、出来るだけ発芽して欲しいですね。

パキポ、アデの実生記録はまたじっくり書いて行きます。

亜竜木をあちこち置いていたものを一カ所にまとめて場所の整理を行いました。なかなかいい感じで目指せトゲの森です!

IMG_1929

亜竜木

これは4寸5寸の株でいい感じの分岐株です。かなりかっこいい株もあるのですが、それも挿木に使おうと思っています。とりあえずしばらくは数を増やす事に向けての栽培管理になりそうです。そろそろ挿木の適期になっていますが、もう少し枝を充実させてから行います。挿木は本当に簡単です(笑)

頑張ってどんどん増やそっと。

関連記事

コメントを残す