アデニアの成長

アデニア グラウカが勢い良く成長しています。

IMG_1872

Adenia glauca

アデニア グラウカ、グロボーサ共に日に日に成長が実感出来ます。

グラウカはつる性の枝を伸ばし、蔓が触れた場所ならどこでも絡みつくので厄介です。ある程度剪定も行ないますが、まだまだこれ位ならほっときます。ほっとく理由は、この時期に剪定を行なうと塊根部があまり太らない気がするからです。

せっかく順調に伸び、葉も一杯ある状態で剪定を行なうと、塊根部に十分栄養が行かなくなり、新しい枝を出そうと頑張ってそっちにパワーを使うかなと考えています。

 

理想は大きな鉢で、あんどん仕立てや何か絡みつける場所を与え、思うがままに成長してもらうのが早く塊根部を大きくさすコツです。蔓も、これはトケイソウの仲間に言える事ですが、上に誘引するのではなく横に誘引する方が良いのです。パッションフルーツで経験済。

 

IMG_1881

アデニア グラウカ

 

個人的に雌株の気がする株です。塊根部は9cm位で開花すると期待していたのですが、咲く事はなかったです。

 

IMG_1885

 

一応、僕が剪定をするのはもうこれ以上は無理ってなるまではほっておきますが、梅雨の時期など葉の付け根から密を分泌しているのでそこにカビが生えても行います。やっても強剪定はしないけど。強剪定は秋に行います。

 

IMG_1878

アデニア グロボーサ 挿木株

 

グロボーサはつる性ではなく、縦に勢い良く成長します。今年に入ってからでも成長の早い枝はほぼ30cm位伸ばしています。こいつの成長スピードはびっくりする位早いです。まだ挿木は行なっていないですが、伸びたら挿木の繰り返しで、もの凄い数になります。

 

IMG_1877

去年挿木した株も順調

 

この株達も10cmは伸びています。グングンって感じです。ここからカットし枝数を増やしていく事である程度は見応えのある株に育ちます。時間はもの凄くかかります(笑)

 

IMG_1879

こんな場所からも枝が出て来ます

 

一応この株は新しく親株にする予定で、今年は切らずにどこまで伸びるか?どれくらい太るのか?を実験してみる予定です。

 

IMG_1876

刺も順調

 

親株の予定なので、鉢も大きな鉢に植えているので根が張れるのか、刺もいつもより長くいい感じです。用土は水はけ重視のいつもの用土です。

硬質赤玉、硬質鹿沼、日向、パーライト、堆肥の配合です。僕が今植え替えている植物には全部この用土です。在庫の土がそろそろなくなってきたので、また近い内にホームセンターに走らないと。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す