サンゴ油桐の種とり準備

なかなかいい感じに丸々してきたサンゴ油桐の種です。

IMG_1862

Jatropha podagrica

これが充実し乾燥が進んだらバチッと弾け飛びます。

弾け飛んだら探すのが大変なので袋をかけました。またいつものパンストです。

 

IMG_1866

サンゴアブラギリ

 

まずそのまま袋をかけても良いのですが、被せるのに邪魔な花柄を切り落とします。こうする事によって種だけなりパンストが被せやすくなります。

 

IMG_1867

これでおっけー

 

ここまで出来たら後は、弾け飛ぶのを待つだけです。これで行方不明になる事無く収穫できます。弾ける勢いが凄いのでしっかり結ぶなりする方がさらに良いです。

 

IMG_1864

次に咲く花

 

真ん中のちょっと多きいのが雌花です。開花の順番は雌花が先に咲き、一日遅れ位で雄花が咲きます。その時に受粉を手伝ってあげたらほぼ受粉します。小さな株ではあまり種は付けない方が良いと思います。株に負担がかかるので。ある程度充実した株であれば自家採集に挑戦しても凄く楽しいですょ!

 

なんでも種から育てるのは愛着、技術がつくので僕は種が出来れば出来るだけ蒔く様にしています。

 

IMG_1865

 

早く咲かないかなぁ〜

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す