ロホホラの発芽

ちょっと前に種を蒔いたロホホラがいい感じで出て来ました。

IMG_1798

銀冠玉

めちゃくちゃ分かりにくいですね(笑)一応、丸くなっているのが赤ちゃんです。

今はまだ発芽途中で、揃っていないですが発芽率は良さそうな感じです。僕は手抜きをするのが得意なので、種子の消毒や、用土の消毒もしません。そんな事しなくても出るし、別に古い用土を使い回しとかもしていないので大丈夫です。自然界でも種が出来、鳥や風、自分で飛ばして、種が落ちた所が一生の住処です。それが過酷な環境であっても植物自身の生命力で芽をだし育つのだから過保護にする必要はないと言う勝手な考えです(笑)

播種の方法も栽培環境も人それぞれ違うし、どれが正解なのかも分かりませんが、自分に合った方法で行なうのが良いと思います。ただ僕はめんどくさがりなので手抜きで行ないます。

 

IMG_1799

本当に分かりにくいですね

 

今回は鹿沼を表面にまいていますがこれもやる時もあれば、やらない時もあります。適温で蒔いたら大体どんな感じでも発芽すると思います。4〜5月が失敗が少ない感じです。

 

IMG_1801

去年蒔いたロホホラ

 

ロホホラ類はかなり生命力が強いと感じています。栽培しやすく可愛いいし、いくらあってもあきません。

 

IMG_1831

最近外したカキ仔 翠冠

 

このちびは親と鉢に挟まれてあまりにも窮屈そうだったので外してあげました。自分の根っこもしっかり根を降ろしていました。

 

IMG_1832

この株も最近外した仔 翠冠

 

カキ仔、実生、どちらから育てても可愛いです。

 

IMG_1830

烏羽玉もまた種鞘をつけています

 

花の下にあるピンクの中に種が入っています。

 

発芽しだした苗がもうちょっといい感じになったらまた書いていきます。今回はすこし書くのが早すぎました(笑) 4月下旬に蒔いといたユーフォルビア スザンナエも発芽しだしていますのでこちらも、いい感じになったら書きます。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す