サンゴ油桐の花

サンゴ油桐がまた咲いていました。

IMG_1341

Jatropha podagrica

今回はうまい具合に雄花、雌花が咲いていました。でも発見が遅れたので二個の雌花がダメな感じですが、交配はしておきました。

それでも後の二個は確実に交配させたので種が採れるはずです。

 

IMG_1344

サンゴ油桐

 

ちょっと分かりにくいですが、画像の中心の花が雌花です。雌花は種になる部分が丸くなっているので咲いたらすぐにわかります。花粉を雌花のちょこっと三本出ている部分につけてあげたら受粉は成功します。朝早くやるのではなく、僕は昼前後に行なっています。

 

IMG_1345

 

こちらも画像中央が雄花です。その左下にいるのが雌花。奥にも少し見えています。だいたい雌花の方が先に咲く感じです。

 

IMG_1346

 

幹は成長につれ皮がめくれます。僕が実生から育てると小さなころはわりとほっそりしていて途中から太ってきます。他の方はどうなんだろ?

 

IMG_1347

 

先端の方です。写真で撮ると普段は気づかない細かい部分まで見れて良いですね。

 

IMG_1343

 

ツヤツヤの葉で、非常に綺麗です。前回と比べると頑張って成長してます。これからの季節は成長期に入るのでどこまで大きくなるかな?

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す