植え替えの烏羽玉に蕾

前回植え替えした烏羽玉に蕾があがってきました。

IMG_1268

ロホホラ 烏羽玉

順調な植え替え後の成長です。このまま頑張って大きく育ってや。

小さいよもぎ餅みたいな体から少し蕾がのぞいてきました。

IMG_1269

烏羽玉 実生株

今、現在は通常の管理方法で栽培しています。基本的にこの時期は午前中に水をあげてます。中途半端にあげるのではなく鉢底から流れでるまでたっぷりあげます。

たっぷりあげる事で空気も入り、老廃物も流れでる為です。夏場の水やりは基本的に夕方の涼しくなってきた頃にあげます。日中にあげると蒸れで弱る可能性もあるので注意が必要です。

 

IMG_1267

 

表面が白くなっているのは植え替え前にダニ予防の薬を散布したのが残ってます。

ロホホラで水をあげてもブヨブヨしているのはだいたい根に何らかの異常があり、抜いてみるとやっぱり根が痛んでいたりします。そんな時でも痛んでいる根を整理したりして、乾かしてから植えてあげるとシワがありながらもガチッとした状態に戻ります。

 

普段から良く観察していると、少しの異常にも早く気づき、手遅れになる前に処置ができるので観察は大切です。

 

IMG_1270

ちょっと大きめの烏羽玉

 

種がかなり採れているので、実生実験で10日程前に2粒だけ蒔いてみました(笑)普段は種が採れたら、小さいチャック付きのポリ袋に入れて家に持ち帰るのですが、たまたま親株の毛の中に2粒発見したのでそれを蒔いてみました。今の所全く変化なしで、発芽が確認出来たら本格的な播種に入ります。

 

IMG_1168

去年蒔いたちび

 

去年の実生分もちびですが顔付きがそれらしくなって来ました。

 

他にも実験的にホームセンターで売ってる播種用の土に蒔いた兜も雰囲気が出て来ました。

 

IMG_1169

ホームセンターの播種用の土

 

この播種用の土なのですが、僕はサボテンにはもう使う事はないかな(笑)良い土で発芽率も良かったですが、ピートをメインに配合されていて乾燥するとひび割れが凄かったです。でもドルステニアには効果的で、ちょっとびっくりする位発芽後の成長が良かったです。

 

IMG_1288

よもぎ餅と翠冠玉

 

色、質感共に良く似てます(笑)

 

 

メストクレマのアルボリフォルメが咲いていました。

 

IMG_1274

メストクレマ アルボリフォルメ

 

本来は地中に埋まっている部分です。

 

IMG_0651

Mestoklema arboriforme

 

なかなか渋くてかっこいいやつですが、鑑賞用に掘り上げられてちょっとかわいそうなやつでもあります。でもほんと、この姿かっこいいです。

 

 

 

関連記事

コメントを残す