モンタグナッキー。

トゲトゲでかっこいいアローディア モンタグナッキー。IMG_0308

Alluaudia montagnacii

この株は高さ30cm位で作り込み、頭が7つ(画像では写ってない部分にもう一つ頭)のお気に入りなのですが刺が細く弱いです。まあこれだけ頭数出すと、そっちにパワーを使うから仕方がないんですが。でも最近気づいたのが、一回固まった刺は成長しないと思っていましが、成長と共に刺も太く強くなるみたいでこの株にも希望はあります。

IMG_0307

 

下の画像の株達は、刺もしっかりしてモンタグらしさがありますがもっと強くなります。

 

IMG_0309

 

 

この株 が刺も成長する事を教えてくれました。

 

IMG_0108

 

 

栽培は亜竜木と同じで簡単です。挿し木が難しいとか言われていますが失敗なんてした事ないので簡単だと思います。去年沢山アローディアの挿し木をしましたが、挿し木に失敗したのはフンベルティーだけです。ミイラになりました(笑)。でも失敗て言っても、1本だけですが。

 

 

 

IMG_0314     IMG_0345

 

 

こちらも亜竜木同様、高温期での挿し木で頭が複数あがる気がします。僕はだいたい5月末から9月末まで順次挿し木をしています。挿し穂は、だいたい15cm〜20cm位の枝でいつも行ないますが、10cmのちび枝で成功するか実験してみた所、普通に出来ました!

 

 

IMG_0348

 

 

ちび枝。去年の9月頃挿し木。発根まで約一ヶ月位。通常2〜3週間で発根するのでちょっと遅いです。僕の発根の定義は鉢底から根が見えたら発根。

 

 

IMG_0347

 

 

普段よく行なう挿し穂のサイズと10cm位の枝の比較。

 

 

小さな枝でも成功しますが、やっぱり15cm〜20cm位の枝を使うのが良いと思います。

 

 

IMG_0349

 

 

挿し木の方法は、また機会があれば書きたいと思います。

 

関連記事

コメントを残す